上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
【きっかけ】
以前成功関連の話に触れたきっかけの記事でも少し記載したことがありましたが、2008年の1月頃に1度読んだ本があり、それからずっと読んでいなかったのですが、ここ数日前にふと目についたかと思えば、急に本の端を折ったり、線を引いたりとぼろぼろになるまで最近特に読み込んでいる本があります。



それは・・・



「ザ・シークレット」という本です。
ザ・シークレットに加えて、今まで読んでいた本も含めて以下記載したいと思います。


【引き寄せ関連の本2冊】
■①ザ・シークレット



非常にプラス思考になれる本だと思います。
読めば読むほど、マイナスなことを少しでも考えたくなくなると思います。

朝起き上がる前にどのように考えて、洗面所に行くまでの一歩一歩をどのように踏むかといった内容や、請求書が来たときにどのように考えると良いかとか、人間関係で困難に直面した際に何日間どのようなことをするといった内容であったり、健康でプラシーボ効果や笑いの効果といったことまで、お金・人間関係・健康等に渡って、具体的な方法が随所に書かれています。

ある女性が伴侶を引き寄せようとしたときに、理想像を明確にし、細かいリストも作成し、一緒にいるところをイメージもしたのに、理想の相手が現れなかったときに、何が良くなくて、どのようなことをして、二人が結婚したのかが具体的に書かれていたのが、印象的でした。

朝の習慣や請求書が来たときの考え方等、なんとか習慣付けれたら・・と思います。


■②確実に金持ちになる「引き寄せの法則」

帯には「ザ・シークレットの原点」とあり、ウォレス・ワトルズさんが100年も前に書いた本ということでした。ザ・シークレット同様に「引き寄せ」について書かれている本です。
ザ・シークレットの本同様に、私の本棚の中では、本の端を折って、線を引いてぼろぼろになっている本です。

「したい」という願望があるということは・・それをやれる力があるという証拠・・というのが印象的でした。


【斎藤一人さん関連の本4冊】
■①変な人が書いた成功法則

以前成功関連の話に触れたきっかけの記事で、記載しましたが、思わぬところで・・といった感じでしたが、斎藤一人さん関連本が、一番最初に成功関連について触れたきっかけでした。

目次を見ると、「お客様を待たせるのもサービス」、「儲からない会社の三つの無駄」、といった仕事や経営の話や、成功法則関連の話等、今でも読み返すと参考になる話が多いです。

「運の強い人は一目でわかる」の中の、3つ見るところがあって、そこにツヤがあるかどうかの話が、最初に読んだときも、今読み返してみても、印象的でした。

■②斎藤一人の絶対成功する千回の法則

千回の法則、バランスの法則、加速の法則、七八点の法則といった成功法則について書かれています。

本の中の最後の方の20ページ近くは、ほとんど「モテる」ということについて、女性が男性に、男性が女性にとか、周囲からとか、いろいろなモテるということについて書かれていて、「周囲の見る目が変わるとき」の中の、どういう問いにどう答えるといった具体的な内容が印象的でした。

■③斎藤一人の不思議な魅力論

人間関係等についてどのように対処するか、どうすれば自分が魅力的になるかといった内容が書かれていると思います。

悪いことをしていないのに悪くいう人がいる場合は、どのように考えると良いとか、どのようなことを周囲の人に与えていると、魅力的になるかとか、人の器を大きくすることや、どのようなことをすると人の器が小さくなるとか、社長にいいアイデアだと褒められたら、どのように言えるのが大きい器とか、失敗した時に、どのように言える人に人がついてくるとか、どういうことができる人に部下がついてくるとか、といった具体的な内容が印象的でした。

■④斎藤一人の百戦百勝

以前ブログ・アフィリの軌跡と反省(2008年4/5月)の記事で、商いは・・、商売が・・、商人は・・とか、この本について少し記載したことがありましたが、主に、経営的なこと、商人についてとか、お金や儲けるといった内容が300ページ以上に渡って書かれています。

どういう波動にお客さんが惹かれてくるとか、商品普及の知恵とか、お客さんの望みは数字に出るとか、人を雇うと訪れる神様の試練とか、どのようなことを考えると一歩先が見えるとか、幸せを呼ぶ5つのおまじないとか、印象的でした。


【到知関連の本2冊】
■①修身教授録一日一言

まだ致知という雑誌の存在を知らなかった頃に、森信三さん関連の本が良いとの話を聞いたのがきっかけで購入したことがありました。

人を知る基準(5つ)、仕事の心がけ(5つ)、上位者に対する心得、目下の人に対する心得、偉人の共通項、対話の心得、苦しい目に出遭ったら、感動が進歩の源になる等、印象的でした。

■②安岡正篤一日一言

人物の見分け方、健康の三原則、感激の生活、機と経絡、女人五徳、第一流の人物、徳は得なり、朝、日用心法(第1~第15)、人物を観る八観法、親父の役割、腎を養う(5つ:とりこし苦労が多いと・・を痛める、怒りが度重なると・・を痛める、他)、父母憲章(7つ)、五悪、五善、五美、傳家寶(7つ)、人を観る(5の要点)、感激の対象、家庭訓(妻は夫に:5つ、親族に:5つ)、思考の三原則(目先に捉われないで・・で見ること、他)、五交、朝こそすべて、悪党と善人、師友(7つ:物識りより・・が肝腎、他)、三悪、生命力を鍛える、木鶏、徳業、進歩向上の工夫、節、慈心と仁心、感動、養寿規(5つ)、背中が語る、人に嫌われぬための五箇条、位に素して行なう、六然、六験、等印象的でした。


【仕事運・金運関連の本3冊】
■①運のいい人の仕事の習慣

読むとオフィスのデスクの周りや、いろいろなところの整理や掃除がしたくなったり、持ち物を変えたくなったりしました。。。
仕事運が下がる7つの習慣、運が良くなる1日の始め方、総合的な運気を上げるための入浴法、等、具体的な内容が印象的でした。

■②お金と成功を引き寄せる!神様メッセージ

運に関することで、こういうことを変えるとどう変わるということが具体的に書かれている本で、持ち物等、変えたくなりました。。
金運・仕事運のある人には見た目の特徴に共通点が(3つ)、等具体的な内容が印象的でした。

■③幸せになる!風水の間取りとインテリア

運をあげるのに、どの方角に何をおくのが良いといった、間取りが具体的に書かれている本で、玄関のはかない靴を整理したくなったり、水周りをきれいにしたくなりました。。


【本田健さん関連の本2冊】
■①ユダヤ人大富豪の教え

物語としても読める内容になっていて、ゲラー氏からいろいろ教わるという内容になっていて、例えば、

・「私はこの若者が人生で成功するのを心から応援する」と書いた紙に1000人分の署名を3日以内でもらってくるということに対して、最初は避けられ続けたけど、新たな戦略・仕組みを考えてから、あっという間に人垣ができた話や、
・1000個の電球を売るのに、一軒一軒売り歩いても、拒絶の連続の状況から、逆転のアイデアをひねり出して、一日で売ってしまった話も書かれていて、

セールスの成功5原則、お金の5原則、ビジネス成功5原則、なぜ目標達成に失敗するのか(4つ)、目標設定成功5原則、パートナーシップを成功させる5原則、決断力をつける(5つ)、等印象的でした。

■②ユダヤ人大富豪の教え(2)

上記の①同様に、物語としても読める内容になっていて、主にお金に関する内容が書いてあり、普通の人が幸せにも豊かにもなれない5つの理由、お金の9つのタイプ、金持ちの5つのレベル、富を引き寄せる人間になるための4原則、ハッピーなミリオネアに必要な5つのクオリティー、お金の知性(8つ)、お金の感性(8つ)、自分を動かすための5つのテクニック、ミリオネアの6つの習慣、美しくお金を稼ぐ6つの条件、幸せなパートナーシップがお金を引き寄せる4つの理由、お金の流れを止める5つの感情、金運を高める5つのコツ、等印象的でした。


【ビジネス関連の本2冊】
■①たった1分でできると思わせる話し方

Type別に「頭のいい人」「底知れぬ人」「才気ある人」に見せるにはどのような話方をすると良いかといった内容で、反論するには「確かに・・の言う通り・・」と譲歩しておいて・・とか、その理由は三つあります、第一に・・とか、要するにそれは・・とか、・・さんがおっしゃったように・・とか、「補足」を使う、といった話し方から、べからず集や普段からの練習法とか、具体的に書かれていて、印象的でした。

■②巧みな質問ができる人できない人

以前驚きの質問力の記事で記載させていただきましたが、いつどういう質問をするのが良いか等、参考になる内容が記載されていました。


【その他の本3冊】
■①ことたま

余談ですが、以前におみやげ話 【ハワイ】 1/5の記事で、成田空港で行きの際にたまたまその時初めて購入したDIME(http://www.digital-dime.com/)という雑誌の2008年No.14号(2008年7月15日)江原啓之さんの記事が掲載されていたのを見たことがあったのですが、「なぜ、うちの商売は流行らないのか?」という相談を山ほど受けて、分析するとそれは・・とか、江原さんが出版した本が売れないときに、敗因が何であって、どのようなアイデアで売れるようになったとか、江原流ビジネス力を上げる3原則であったりと、内容はビジネス寄りな話しになっていました。

ハワイの旅行から帰ってきた後に、江原さん関連の本の新刊で発売されていたのがこの「ことたま」という本でした。100個のことわざや四字熟語すべてに、人生指針・仕事・愛情の観点で解釈を加えた内容になっていました。

特に仕事関連は、職場や上司・部下や経営者や人間関係等、悩みがちなところを何が原因でどう対処するといった具体的な内容も記載されていたり、ビジネスがうまく立ち行かないという相談をたくさん受けて、その原因はほとんどが人間関係と記載されていたり、今までの相談内容等からと思いますが、働く人や経営者の悩みや不満等やその対処法等、よくあると思われる話が多く記載されていて、仕事関連で、書かれている様々な内容に思い当たるところも多く、印象的でした。

■②「気づき」の幸せ

本の半分は相談内容とその回答のような感じになっていました。
仕事の悩み、家庭や親・子の悩み、健康の悩みと多岐にわたって、書かれています。

例えば、事業を興したいの相談に対しては、日頃どういう振る舞いをしているとか、事業を興すに至った理由が・・等、書かれていたり、自分の能力にあった職場を教えての相談に対しては・・とか、悩みや相談内容の裏の隠された内容まで記載されており、印象的でした。

■③鏡の法則

物語としても感動する話になっていると思います。
物語り以外にも、許せない人がいたときに、ゆるすための8つのステップとして、具体的なことも書かれていて、また、人生に起こるどんな問題も、どういうために起きるか等、解説の部分も詳しく書かれてあり、印象的でした。


【雑誌関連5冊】

■①到知
/~\Fujisan.co.jpへ


以前CHIーDAYの本棚に記載しましたが、人生・成功についていろいろな人の話が載っています。

■②BIG tomorrow
/~\Fujisan.co.jpへ


本ブログ内でも随所にBIG tomorrowについて記載していますが、ビジネスに関する話で、仕事のやり方等の話や、株やお金の話や、健康の話から、いろいろな人へのインタビューの記事等多岐にわたっていて、毎月良く読んでいる雑誌です。

■③DIME
/~\Fujisan.co.jpへ


以前におみやげ話 【ハワイ】 1/5の記事で、購入したのがきっかけでした。上記江原啓之さんのことたま
の本のところでも少し記載しましたが、ビジネス寄りな話も多く、また、月2回発行されているようで、内容も多岐に渡っていて、どのようなものが流行しているか等掲載されています。

■④PRESIDENT
/~\Fujisan.co.jpへ


最初のきっかけは2006.7.31号で、出世の法則として、具体的な会社名が14社に渡って記載されていて、平均何歳でどういう役職について、報酬は平均いくらになるといった具体的な内容が会社別に書かれていて、ある会社は部長になると何千万超えるとか、ある会社は管理職になるといくらになるとか、役職名や職能級のようなものの名称が細かく載っていたり、人事考課表の実物が公開されていて、評価のツボが何であるとか、どういう役職にどういうことが求められる等、とにかく具体的に載って
いたのが印象的でした。その他、ビジネスに関する内容が主に載っています。

■⑤日経ビジネスアソシエ
/~\Fujisan.co.jpへ


ビジネスに必要なスキルが載っています。コミュニケーション力やマナーであったり、仕事のやり方であったり、毎号いろいろなテーマで載っています。

2008年4月15号に載っていたアサーティブ・コミュニケーション(無理な依頼を断る時にはどのように対処すべきか、仕事を依頼する時はどのようにすべきか、・・)等、印象的でした。



【あとがき】
本ブログ内を整理している内に、急に書きたくなって、本ブログ右サイドバー内のCHIーDAYの本棚の内容をベースに本記事にまとめてみました。長文にも関わらずここまで読んでいただきありがとうございました。

<転機>
2008年振り返ってみて、2008年8月に書いた「ハワイ」の記事(2008年7月に書いた「喪に服す」の記事の方かもしれませんが・・)が、ブログの内容であったり、仕事・プライベートにおいても、時期的にも、転機だったような気もしています。
以前に要領良い力の入れどころ/抜きどころのあとがきにも記載しましたが、何かを書こうと思うとうまく書けないかと思えば、急に書きたくなって、一気に書けてしまうようなこともあったりしました。
書きたいと思えることを書いている内に気がついたらハワイの記事以降、カテゴリメニューの「お土産ばなし」が各カテゴリの中では、一番記事数が多くなっていました。。。

<感謝>
2008年4月13日(日)にブログを書かさせていただいて以来、今まで続けることができました。
拍手していただいた皆様、コメントいただいた皆様、あし@で「ぐって」していただいた皆様及び本ブログを訪れていただいた皆様のおかげと本当に感謝しています。ありがとうございました。また、2009年もよろしくお願いいたします。

<その他>
以前の無料占い~「気づき」の多いお気に入りサイトに記載させていただいた「筋トレ」に今年2009年の占いが載っていました。昨年2008年の占いの内容を振り返ると、今思えば、ブログを始めることだったのかも知れません。。

↓以下のサイトに本記事を載せていただきました。
「ビジネスエンジン」で記事をチェック!

ホームへ戻る
【相田みつをさん関連】
一昨日2009年1月10日(土)に丸の内を歩いていて、有楽町のビックカメラに行こうとしたら、その途中に東京国際フォーラムがあり、外が寒かったこともあり、少し中に入って、目的なくしばらく歩いていると、「相田みつを美術館」という文字が目に入り、行くと17:30閉館とのことで、時間が20分も無くて、入れない代わりに、中にある売店に行く機会がありました。

ポストカード(タイトルは「馴れ」「その人」「つまづいたおかげで」)とクリアファイル(タイトルは「ただいるだけで」)を購入しました。(お手数ですが、文章の内容は検索サイトで検索すると見つかります。)
相田みつをさんのことを書き忘れていたような気もして、書いてみました。

【2009年4月26日(日)追記】
釈迦の教えは「感謝」だった

野球観戦に見たいろいろ・・【2/2】にクルーン投手の通算127セーブの記事を記載していて、自分が最近感謝が足りない面もあったように思い、最近たまたま手に取る機会のあったこの本を載せてみました。
悩み・苦しみを受け入れて感謝するというような内容になっていて、家族だけが大事という考えは・・とか、子供が不登校になったとの相談に対しては・・とか、結婚して十年経つけど子供ができない相談に対しては・・とか、職場につらく当たる上司の話や近所の人の話に対しては・・とか、人間だけが持つ三つ目の本能は・・とか、宇宙を味方にするの章では、芸術やスポーツの分野でどのようにすると宇宙から応援や支援がもらえるといった話が印象的でした。
スポンサーサイト

2009.01.05 Mon l 人生の成功法則/ルール l COM(4) TB(0) l top ▲

コメント

Re: 応援しています
コメントありがとうございます。
ブログ継続のやる気向上に繋がります。。
ありがとうございました。
2009.01.11 Sun l CHIーDAY. URL l 編集
応援しています
こんにちは!

通りがかりの者です。

応援ポチ♪
2009.01.10 Sat l 奏弦. URL l 編集
Re: No title
MITIKOさん、コメントありがとうございます。
今回ブログ記事書いてみて、本にはいろいろ書かれていたのに、随分忘れていたことが多かったです。。。環境や自分の考えや・・いろいろなことが変わっていくのも、今思えば本のおかげのように思います。。
貴重な体験談ありがとうございました。
2009.01.07 Wed l CHIーDAY. URL l 編集
No title
 学生時代、今までにない壁にぶつかり
就職浪人になりました。
当時はいまとは違い、誰もが就職できる時代です。辛かったとき、助けてもらえたのが
人ではなく自分でも家族でもなく、
『書籍』でした。
本の力はすごい。
人生までも変えれるのだからー。

 今では本さえも見ることがなく・・・。
本は素晴らしいですね。
また、読まないと人間、成長しませんね。。。
2009.01.07 Wed l MITIKO. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiday.blog50.fc2.com/tb.php/34-a9204fba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。