上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
・相田みつをさん関連で、確か相続についてだったと思うのですが、相続とは親のお金をもらうことではない、親が流した汗や努力を続けていくことであるのようなのを読んだ記憶があります(うろ覚えですいません。。)。

BIG tomorrow2008年6月号(本ブログ右サイドバーCHIーDAYの本棚参照)で世界のナベアツさんが1日24時間考えている人と18時間の人とでは 差が出てくる との話をされていました。また、 ネタを考えるとき は狭い空間に自分を押し込んで・・との話もありました。

【経験上の思いつく瞬間】
ひらめきというほどのものではありませんが、アイデアを思いつく瞬間は、私の場合はこの記事も、また以前本ブログで20080420に書いた要領良い力の入れどころ/抜きどころの記事もそうですが 風呂に入っているとき に考えていると、ふと思いつくことが多かったように思います。

【あとがき】
記事のタイトルは、天才の内訳との話を聞いたことがありました。(1%のヒラメキ:エジソンの言葉とのこと。Wikipediaで調べると本当は違う言葉だったものを記者の方に変えられたとの話がありました。)
日頃どれぐらい努力を続けられているのだろうかとふと思い、努力とひらめきについて、経験上は思いつく瞬間の話だけでしたが、書かせていただきました。
あと「うろ覚え」か「うる覚え」かで調べましたが、「うろ覚え」が正しいようです。

↓以下のサイトに本記事を載せていただきました。
「ビジネスエンジン」で記事をチェック!

ホームへ戻る
スポンサーサイト
2008.05.25 Sun l 人生の成功法則/ルール l COM(0) TB(0) l top ▲
【きっかけ】
「巧みな質問が・・」の本の2章に「徹子の部屋」の黒柳徹子さんの質問について書かれていることがありました。「○○さんにお会いする際は、ぜひ、この一点だけはうかがっておきたいと・・」と本音の質問をしているとのことでした。

「巧みな質問ができる人できない人―問題の「急所」をズバリ突く技術! (知的生きかた文庫)(本ブログ右サイドバーCHIーDAYの本棚参照)」
1章:問題解決のカギ、それが「質問力」だ!
2章:「質問のうまい・へた」で仕事の中身にここまで差が出る!
3章:この質問力が営業の成功・不成功を決定づける!
4章:人間関係をスムーズにするための質問力
5章:迷いを断ち、人生を切り拓くための質問力
6章:マネジメント能力をさらに高める質問力


【仕事上の経験の話】
経験上、 最初に 「みんながそれが聞きたい」 というような質問をする人が多かったように思います。

・例えば、「ある特殊な機能が使える製品」を選ぶ際に、製品の説明を聞き終わって、最初の質問が「特殊な機能はその製品では使えますか?」と質問する人がいました。その質問に対して回答がもし使えないであれば、その後の機能・性能・価格等の 質問はする必要がなくなる可能性がある と思います。

・例えば、別の製品で「ある事象で故障が頻発していた」時に、他の製品の説明を聞き終わって、最初の質問が「ある事象が起きてもその製品では大丈夫ですか?」と質問する人がいました。
この質問も みんなが聞きたい質問を最初に していたように思います。

・また 質問の意味を後付で伝える ことも経験上多かったと思います。
意味のある質問でないと、なぜそんなことを聞くのですかという感じになることもありました。
例えば、「○○の設定数はいくつまで可能ですか。これは○○の使い方をする際には考えておく必要があるために質問しました」

・質問の最初のうちは単に聞いて見たいことを素直に聞くことも多かったように思います。
例えば、資料のわからない用語についてとか。あまりに簡単と思われる用語は、打ち合わせ終わった後に聞くようにしていました。

・質問の時間も後半になるにつれて、 先を見た質問 をすることが多かったように思います。
例えば、「製品の今後の開発スケジュールについてお聞きしたいのですが・・」等。

・例えば製品比較することを目的としているのであれば、そのことを考えながら質問することが多かったように思います。例えば比較の際に、 機能性・運用性・性能・安全性・信頼性・経済性・拡張性(昨日の運勢安心計画)

【あとがき】
前回の記事から5日程度間が開きましたが、今回久しぶりに仕事のことについて書いたように思います。今後も少しずつ書いていきたいと思います。

ホームへ戻る
2008.05.14 Wed l 仕事のやり方 l COM(0) TB(0) l top ▲
【きっかけ】
TVでたまたま見かけた柔道の番組で、最近は日本以外の国でも柔道に関して研究をしていて、その国の(柔道とは異なる)伝統的な競技で使われている投げ方があり(その時はその伝統的な競技で、肩だったか腕だったかどこかをつかんで、後ろに投げ飛ばすような映像が流れていました)、その投げ方を柔道に適用しているとの話でした。ここ数年、柔道をTVで見ていると、肩車とか双手刈り(もろてがり:両脚タックル)のような学校の柔道の授業では聞いたことがないような技を日本以外の選手が使っているのを見かけたことがあったように思います。

この件を通して、日々やっていることを反省しては、改善を続けるのは大事なんだという気が起こり、以下今までのブログの軌跡と反省を書いてみました。

【ブログ・アフィリエイトでの軌跡と反省:2008年4月13日(日)~5月9日(金)】
<事前準備>
・名前を決める。検索かけると「ちで」、「ちでっち」、「ちーでぃ」等既に使っている人がいるため、少し変えてCHIーDAYにしてみました。
・ブログのタイトルを決める。「ネットで儲ける!ブログでアフィリエイト(本ブログ右サイドバーCHIーDAYの本棚参照)」で単なる日記と思われるブログ名よりキーワードを盛り込んだブログ名の方が良いとの話を読んで、仕事・成功・幸せ・30代等入れたブログ名にしました。(40歳過ぎると40代に変更?)

<ブログ記事>
・2008年4月13日(日)にブログを始めました。
・プロフィールの似顔絵をigosso(http://www.igosso.jp/)で描きました。
・カテゴリ分けをしました。「ネットで儲ける!ブログでアフィリエイト(本ブログ右サイドバーCHIーDAYの本棚参照)」でカテゴリの名前も興味を持たれるような名前が良いとのことで、例えば「健康」というのを「幸せになる健康力」のように少し変えてみました。まだ健康に関して記事は書けていませんが。。
・ブログ記事のタイトルについて、「BIG tomorrow2008年6月号(本ブログ右サイドバーCHIーDAYの本棚参照)」で記事タイトルの頭にキーワードを入れる話があり、格安等タイトルの最初にキーワードになりそうなものをいれるようにしてみました。(余談ですが、BIG tomorrowは毎月楽しみにしている雑誌の一つです。情報起業・アフィリエイト関連の話から株、仕事のやり方等載っています。)
・ブログ記事の投稿。「アフィリエイトの達人養成講座(本ブログ右サイドバーCHIーDAYの本棚参照)」に希少な情報を掲載しているサイトはユーザにとって魅力的とのことから経験談や仕事に結びつけた形で書くようにしてみました。最近は右サイドバーで紹介していてまだ記事にしていなかった中古PCを記事にしてみたりと、今までと少し異なる内容も書いてみました。

<アクセスアップについて>
・ランキングサイトに登録したり、Ping送信設定実施。
※中でも「みんなの足跡『あし@』http://www.ashia.to/」に登録した際のアクセスの上がり方が4月22日登録して直ぐにアクセス数35になり、翌日23日にはアクセス数63になっていました。しかし、その後は急激にアクセス数が伸びることはありませんでした。他の方のブログも参考にしながらランキングサイトへの登録を増やしました。
・アクセス解析でFC2のアクセス解析(http://analysis.fc2.com/)やYAHOO!ログール(http://logoole.yahoo.co.jp/)を使用。
※ユニークな訪問者は解析始めた4月26日以降は日々5件前後が続いている状態。今の現状の記事等のままではあまり変わらないと思い、少し変えて、右サイドバーで紹介していた中古PCについて書いてみたのですが、あまり変わらず。。

<求められる内容について(1)>
・拍手について「はじめました」の記事の1拍手は自分で間違えてクリックしてしまい、消すことができなくなったものですが。。
「人の好き嫌い克服への一歩」について1拍手いただきました。ありがとうございます。「ネットで儲ける!ブログでアフィリエイト(本ブログ右サイドバーCHIーDAYの本棚参照)」に、ユーザの抱える課題・ニーズなどのキーワードを盛り込む話がありましたが、この件で人の好き嫌いの問題点をどのように克服して解決するかというようなタイトルに偶然なっていましたが、そのようなものを今後意識して書くことも考慮にいれるべきと思いました。


<求められる内容について(2)>
・「斉藤一人の百戦百勝(本ブログ右サイドバーCHIーDAYの本棚参照)」で、商いはお客さんが飽きないこととか、商売が上手くいかないということは何か変えろというメッセージとか、商人はお客さんの求めるものを提供しなければならないとか、話がありましたが、今回のアクセス数があまり増えないことを通じて、今のやり方では見る人が求めるものになっていないことを反省して、少しずつ変えられそうなところは変えていきたいと思いました。


<アフィリエイトについて>
・「アフィリエイトの達人養成講座」や「FC2ブログではじめるこだわりブログ」(共に本ブログ右サイドバーCHIーDAYの本棚参照)を参考に、A8.net(楽天・デジタルドラゴン含む)、Amazon、Google AdSenseに登録しました。最近見かけることが多い「本棚」のCHIーDAY版として、リンクつけましたが、ほとんどクリックされていないようでした。Google AdSenseの場所も右サイドバーの上部に移動してみましたが、ほとんどクリックされていないようでした。中古PCについては記事を書いてみましたが、今後本棚で紹介している本に関連した話も少しずつ書いていく必要があるように思いました。

<右サイドバーについて>
・ランキング・Google AdSense・CHIーDAYの本棚の他に 見るたびに変化があるもの で、ブログの内容とも関連していそうなものを探して、ランダム名言・格言、本ブログの評価というのを追加してみました。

<今後>
ブログ記事で、太い文字や色や絵等を入れてより読みやすいことを考慮しつつ、カテゴリ分けしてまだ書いていない健康関連のことや本棚の各本を経験含めて紹介したり、また今まであまり手が付いていなかった携帯関連ももっと調べてみたいと思います。

【あとがき】
ここ最近夜中に地震があり、目覚めて震度いくつなのか確認しようとTVを付けたら柔道の番組がたまたまやっていたのを見ました。本ブログでTVで見かけたネタが多くなっていますが、たまたま付けたら見かけたというものが本当に多いです。今回の柔道も何かの縁かと思い、本記事をふと思いつき、この記事タイトルなのに、この書き出しは少し強引な気もしますが、書かさせていただきました。

ホームへ戻る
2008.05.09 Fri l 日常のいろいろ l COM(0) TB(0) l top ▲
【きっかけ】
大学時代にゼミやら卒論やらで、PCが必要になり、両親にPCを購入してもらったことがありました。当時で確か20万円台だったと思います。その当時はPC98等が主流で、周りで50万ぐらいするPCを購入する人がいたり、安いとうたわれていても30万円台とかがほとんどの頃でした。

その当時にこのような格安な中古PCが以下の気になる点を考慮した形で売っていればどれだけ購入の負担が軽くなったことか。。と思うと良い時代になったものだなぁと思います。また当時の価格でPCを購入してもらった両親にも本当に感謝しています。

ここでは気になる点も考慮されていると思われる中古販売の専門店デジタルドラゴンに関して以下記載しています。本ブログの右サイドバーにも「おすすめ・お得なもの」として、「新品時の1/10の価格で中古PCが買えます。もちろん保証&サポート付」というリンクで掲載しています。

【中古PC購入を考慮した際に気になる点】
(1)気になる点1:保証があるかどうか
最大2年間の動作保証が付くようです。
(※2008年6月1日より永久保証になったとのことです。)
<経験上>初期不良と思いますので、必ずというわけではないと思いますが、購入して直ぐに動かなくなり修理に出している人を、かなり多く見かけたことがあります。また、修理内容にもよると思いますので、必ずというわけではありませんが、周りの方で修理の見積もりを取ると新品購入するぐらいの額が提示されたケースを見ることもあったように思います。このような時に保証があると大変助かると思います。

(2)気になる点2:リカバー用DISKがついているかどうか
→全商品リカバーCDが付いているようです。
<経験上>初期不良のように修理にならないまでも、InternetExplorer等の調子が良くないときやパーティションがうまく切れないときも、リカバー用DISKで元に戻すとうまく動くことがありました。修理するほどで無いときにこのように直ぐに回復できると便利と思います。

(3)気になる点3:清潔かどうか
→中古PCが再生されるまでにきれいにクリーニングされているようです。(動作チェックも丁寧にされているようです。)以前、ブックオフで中古本の黒ずんだところを削ってきれいにしているところをTVで取材しているのを見たことがありますが、たとえ中古品であってもきれいにクリーニングされていると使う側も気分が良いと思います。

(4)その他、中古販売の専門店デジタルドラゴンのHP上で気になった点
(4)-1:メモリ
メモリが128M,256MというPCが多い気がします。128Mを256Mに増設で4000円台、256Mを512Mにするのに8000円台ぐらいかかるようです。アプリケーションの推奨値を考慮しても良いと思いますし、たとえそこまでの値でなくてもここら辺は使ってみてInternetExplorerと何かのアプリケーションを起動して使う等して動きがあまりに鈍くなるようなら増設も考慮しても良いと思います。経験上、アプリケーションが少し特殊で、そのアプリケーションのメモリ推奨値が多い場合は、メモリがあまりに少ないと、動かす度に画面が固まってしまい、使うことがかなり困難なこともありました。

(4)-2:OS
windowsVISTA以外にもwindows2000やXP等もあるようで、スペックは良く確認した方が良さそうです。

(4)-3:注文前にご確認くださいのページ
以前TVで、ある方がPCを購入して後でCDドライブが付いていないことがわかって、後からCDドライブのみをまた買いに行った話を聞いたことがありましたが、以外と購入の際に要望を出さないとその物しか売られないことが経験上多かったようにも思います。特にパワーポイント等、自分にとっては割と必要だけど、最初から付いていない場合も多いように思います。

HPの左のメニュー一覧の「注文前にご確認ください」のページや「よくあるQ&A」のページは良く確認した方が良さそうです。 特に、ノートPCはACアダプタでの利用を前提にご検討ください等気になる記載もあります。 ここらへんは価格に見合った使い方を考慮したときにどの程度までなら良いか等は人によりさまざまと思います。また、買取・下取りサービスもあるようです。

(4)-4:周辺機器:液晶モニタ
デスクトップPC、ノートPC以外にも周辺機器もあり、液晶モニタが15インチ、17インチ共に1万円台で販売されていました。こちらもかなり安いと思います。

(4)-5:販売台数
中古品につき販売台数に限りがあるようで、台数をチェックした方が良さそうです。トップページの中ほどに「全商品一覧リストはこちらをクリック」というリンクの先に在庫について記載があります。

【HPに掲載されていた「7つの安心システム」】
1.最大2年間動作保証!(業界初)
(※2008年6月1日より 「中古なのに安心の永久保証サービス!」 )
2.全商品クリーニング済みで清潔!
3.お客様理由返品OK!(業界初)
4.安心の24時間、年中無休、永久サポート!
5.注文&修理は即配送 1~3日で納品!運送保険付!
6.永久システム再セットアップ無料サービス!
7.購入後30日間交換フリーサービス!(業界初)


【販売ページ】
上記内容の中古販売の専門店デジタルドラゴンのリンク先は以下になります。




【あとがき】
申し訳ありませんが、いつも以上に長文になってしまいました。。

↓以下のサイトに本記事を載せていただきました。
「ビジネスエンジン」で記事をチェック!

ホームへ戻る
2008.05.06 Tue l 仕事のやり方 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。