上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
【きっかけ】
テレビをつけたときに、何かのテレビ番組で「人生のターニングポイント」についてそれぞれお話されていました。





私の人生のターニングポイント(転機・変わり目)を考えてみると・・・





「好きで向いていると思っていることが、実は向いていないことに気づいて、仕事内容を少し変えたこと」のように思います。



■向いていないことに気付くまで
プログラムのようなことが、うまく動いたときが面白い時期があり、関連することをやっていた時期があったように思いますが、少し難しいものになると、上手くいかないことが多かったように思います。

また、私が何ヶ月もかかって実施した内容に対して、プログラムを作ったことがない方が数日で作って、もっと凄い内容のものを作ってしまったこともありました。

他の方と比較されて評価されることも多く、技術力の無さであったりと、あまり良く言われることはありませんでした。

また何かの話す機会の際にも、「この仕事は向いていないので、他のところに行って活躍していただいた方が良い」と言われたこともありました。

■気付いて行動に移すまで
はじめてから3年以上経っていたと思いますが、上記のようなこともあり、明らかに役に立っていないことに徐々に気付き始めてその仕事と全く別の仕事というわけではないのですが、少し関連のある、でも内容は異なるようなことだったのですが、前からその内容には少し詳しくなっておきたいという思いもあったこともあり、それをやりたいことを口頭で伝えたことがありました。

■その後
上記の結果、その仕事をすることになりました。
その仕事を続けていくと、質問を受ける機会が多くなったり、頼りにされたり、感謝されたりということもあったり、また、仕事の内容も徐々に高度なものになっていった時に、うまく対応できたりということもありました。

■今にして思うと・・
向いていないことに気付くまで大変な時期があったように思いますが、その時いろいろ言われたことが、言われたその時にはあまり気分の良いものでなくても、今になってよく考えてみると、変えていくきっかけになっていたように思います。

【その他】
3年で芽がでなければ実家に帰ってくることを約束をして上京したとの話しを、テレビで見かける機会が何度かあったように思います。

BIG tomorrow 2009年5月号の西岡徳馬さんの記事で、役者に向いていない人にそのことを伝えた内容の話しがありました。

【あとがき】
気分の良くないことを言われても、その後になってその時のことをよく考えると、例えば人間としての成長や器量を広げてくれる存在なのかもしれないし、、例えば緊張している状況の中で、雰囲気が良くないときに、その場を和やかな雰囲気にするために笑いものにされているのかもしれないし、、上記のような向いていないことに気付かせてくれる存在なのかもしれないし。。

最近読んでいる本についてのところで、追記に記載させていただいた感謝についての本を読んでいますが、全てを受け入れて全てに感謝するというのも、上記のこと等、よくよく考えると、何となくではありますが、そうなのかなとも思いました。。

記事を書きながら、頭の中にふと以下の曲が流れていました。。
以下をYOU TUBE(http://jp.youtube.com/)で検索すると聞けました。
「CHAGE &ASKA THE TIME」

更新できない期間がしばらく続き申し訳ありませんでした。
また少しづつ更新していきたいと思います。

ホームへ戻る
スポンサーサイト
2009.09.17 Thu l 仕事のやり方 l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。