上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
【きっかけ】
たまたま広告を見てどう思うか?のアンケートのようなもの?に答えたことがあったのですが。。

【内容】
答えた内容が確か。。「誰に向けてのものか」がわかりやすいほうが良いような感じなことを記載した記憶があります。
その時は、確かジュエリーっぽいもの等で、、購入するお客様に向けたものだったら、お客様が購入するとしたら、時期がクリスマスの頃だったような気がしますが、クリスマスだと、多くの人が、贈り物やプレゼントで、、のようなイメージが。。
クリスマスっぽさやプレゼントで贈るような、贈る人に向けた感じにした方が、、より良いような気もします。。のような感じなことを記載した記憶があります。

何かのテレビで、たとえ話のような感じで、
例えば船が沈没しそうなときに船長が海に飛び込むように皆に言うときになんと言うかで、、
ある国の人に向けては「飛び込むと英雄になれるぞ」と言って、、
日本の人に向けては「皆が飛び込んでいるぞ」と言って、、
の話を、、ふと思い出しましたが。。

仕事だと、例えば誰に向けてを「お客様に対して」、「お客様のことを考えて」、ということや「お客様に安心してもらえる」等を重視するとしたら、、
例えば、お客様が使いやすいものを作るなら、作る側の他の反対があっても、お客様がそのことがあればどれだけ便利になるか、そのためには可能な限り早く導入できないかとか、作れない話があっても、作れる可能性がないのか等を探して、説明・説得したり、

お客様のためであるなら、少し苦言?のようなものであっても、もめないような言い方(最初から使い方を否定するよりも、こうしたらもっと使いやすくなるのではと、提案する(考え方を少し変えてもらう??)とか、、

お客様に対応する側だと、お客様からの問合せに、誰でも(または問合せの内容の分野に強みを持った方??が。。人の強みを活かしたチーム??。。1人でというより、皆でお客様に対応していくというような意識??)答えられるようにスキルを蓄積したり、共有・展開したり。。その人が不在になったり、異動になった場合でも、皆が困らないように誰が見てもわかりやすい資料を残すように心がけたり、、スキルを蓄積・展開する仕組み??づくりであったり。。スキルを残すのは、残った人が困るからとか、自分達のためというよりも、お客様への対応しやすさ、お客様のために。。という感じなのかなぁと。

以前何かのテレビで、経営方針みたいなことで、社員の給料を高くしたり、福利厚生を充実させることを重視しているような話をたまたま見かけたことがありましたが、、
後、世の中がこういう流れになっているとか、こういう事象が起きていて、それを踏まえて(視野を広くのような感じでしょうか??)、こういう考えで経営していく??ようなことの話をテレビ等で見かけたような気もしますが。。

後、ホスピタリティ??(検索サイトで「ホスピタリティ」で検索するといろいろサイトがあるようで)お客様のことを考えて、、対応する人がマニュアルどおりでなく??、自主的に行動というか。。
http://www.chukei.co.jp/sp/index.php?sp_id=141

言い方なら相手の意見を否定せずに聞いておいて、こちらの意見を伝えるような、、YES・BUT法??(検索サイトで「YES・BUT法」で検索するといろいろサイトがあるようで)のような、、で伝えたりとか。。
YES・BUT法もやりすぎ??ると「おっしゃることはわかりますが(理解はしますが)、・・ですよね。。」と、、言っていることはわかるけど、それに納得していないというか。。お互いにずっと言い合うような、相手の話しを聞かない??というか、歩みよるところがないというか、いつまでも平行線をたどるというか。。のような感じもしてみたり。。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20061006/250075/
http://allabout.co.jp/gm/gc/292303/

最低限ここまではやってもらわないといけないとか、、譲れない部分もあるのかなぁと。
アンカリング??(検索サイトで「アンカリング」で検索するといろいろサイトがあるようで)というか。。最初から低い条件で提示するよりも、高い条件というかここだけは譲れないというか、条件を。。みたいな感じで。。交渉事を有利に進めるというか。。のような感じなのかなぁと。
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1001/15/news010.html
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1001/19/news010.html

といっても、それをOKすると、他のスケジュールを遅らせて、遅れたことを他のところに謝りにいくことになったり、稼動が夜遅く朝早くとか、人を増やすとか、他のところのコストが増大するとか、、その場で合意できないと、話は聞いたので、その内容を持ち帰って検討・・と簡単に先送りできないような状況だと。。もめたりするのかなぁと。。

それを言うと、どう思われるか・・もあるけど、、お客様のため・・と思えば、良いこと、やったほうが良いことは伝えていくとか。。

やりとりで、わからない、うまく意識がかみ合わないことは、お客様の意図しない回答にならないように、何となくで、話さず、ここがわからないとか、言いづらいなら、まだ良く理解できていないのですがとか、あまり詳しくはないのですがとか、等の前置きな話も少しして、たとえ自分の分野と少し異なるところでも、相手のことを思って、、あいまいにせず、意識をあわせて。。といっても、、なかなかできず。。

何をやるにも何のためにとか、誰のためにとか、誰の方向を向いてとか、、必要なのかなぁ。。と。なかなかうまくできないようにも思ってみたり。。

【あとがき】
ご訪問、コメント等ありがとうございます。

夜たまたまテレビを付けたときに、就職活動する人と面接官が面接での話等をされているのを見かけたのですが。。印象的なところで、確か、、
・面接のときに、履歴書の内容を一字一句そのまま読み上げられると、面接官がどの部分を掘り下げて聞いていいかわからないとの話であったり、、
・面接を受ける人が面接官の話す(質問の?)意図を汲み取って受け答えしようとしている人かどうか。。とかの話もあったように思います。。

気付いたら、長文になっていました。。
読む人のことを考えると、議事録ではないですが、長文になったら、要点や結論を最初にまとめておいたほうが読みやすいのかなぁと思ってみたりもしますが。。
資料であったら、説明したいところをメインに載せて、後の他の部分は最後に参考としてつけておくだけにするとか。。
のほうが良いのだろうなぁと。。思うのですが、できておらず。。

ホームへ戻る
スポンサーサイト
2012.02.19 Sun l 仕事のやり方 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。