上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
【きっかけ】
テレビを付けたときに、AかBでどちらが高価な?ものかを当てるクイズ?のようなものを見かけました。
その時は、Aがやわらかい肉で、BがAよりは硬い肉で、、
Aがやわらかくで脂っぽくて、、というので誤りのAを選ぶ人が多いなか、正解のBを選んだ人は、脂ののり方?でBを選んでいるようでした。。Aのほうが脂が多すぎる?ようなことも言っていました。。

かなり前に別の番組で、本物と偽物のブランドのバックを見分ける内容で、ほとんどの人がブランドのマークの色を見て、色がきれいか等で判断していた人は偽物を選んで、1人だけ正解を選んだ人は、バックを開けて中の底の部分等を手で触って、中のつくりがしっかりしているかどうかで選んだとのことでした。。

手品とかで、人に右手を見せておいて、右手に注目を集めておいて、実際はタネを左手で握っているような話を聞くこともありましたが。。

【内容】
関連しそうなところで、以前驚きの質問力で「昨日の運勢安心計画」の話を記載しましたが、比較する項目を増やすと差がつきやすいような気もしてみたり。。

比較する人が何を重視するかで、比較項目の中でも差が出るような気もして。。
コスト重視なら、コストが安いことで1つ○がついたらそれは3個分の○に相当するとか。。
あまりやりすぎると、かたより(バイアス?かたよった見方?自分に都合の良い見方?えこひいき?)というか、特定の製品にとって有利になってしまうというか、、

差がつかないと、信頼性のところで、過去の実績とか、開発体制とか、会社とか、、維持管理というか、、
以前電化製品を購入して、壊れたので修理に出そうと思ったら、その会社がなくなっていたこともありましたが。。
会社があっても、新製品が次々に出ると、前の製品やその部品等が生産終了になることもあるような気もしますが。。製品の生産終了はEOL(End of Life)と言うのでしたっけ。。
実際に製品を使ってみて、性能のところで、負荷をかけたりで、実際のマニュアルの値と本当に同じか、変な動きしないかとか、、

何年も前におみくじで以下を引いたことを思い出しました。。
「見る目が、まだ二流三流のところに低迷しているときには真にすぐれたものよりも
二流三流のものにかえって目がうつる。・・・一流のものをできるだけたくさん実際に見ることだ。・・・」

【あとがき】
カテゴリ変えたり、ブログ内を少し整理してみました。。

ホームへ戻る
スポンサーサイト
2012.01.10 Tue l 仕事のやり方 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiday.blog50.fc2.com/tb.php/130-5817cf1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。