上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
【きっかけ】
ルーブル美術館の17世紀ヨーロッパ絵画が上野の国立西洋美術館で見れるということで、最近行く機会がありました。国立西洋美術館開館50周年記念事業/日本テレビ開局55周年記念事業のようです。

【チケット】
前売券は1300円でした(当日券は1500円のようです)。
既に券を持っている人が並ぶ列と、当日券を販売しているところは異なるようで、列の後方で、「チケットを持っている人」はこの列に並んでくださいとのことを呼びかけている人がいました。

《チケット》
http://www.ntv.co.jp/louvre/#/ticket/price

【待ち】
開催は2009年2月28日から6月14日ということで、最近行ってきましたので、開催から日が経っているので、空いているかと思っていたのですが、もうすぐ期間が終わるということもあってか、混んでいました。
土曜日に行ったのですが、入館まで80分待ちの表示があり、実際14:30から並んで入館できたのは16:00過ぎていたと思います。
入館まで並んで、絵画を見て(途中に椅子があって休憩もできました)、出口の売店でポストカード(1枚100円)を買って・・、美術舘から出てきた時は18:00過ぎていました。

《会場の混雑状況》
http://www.ntv.co.jp/louvre/#/outline/congestion
《特設売店グッズ一覧》
http://www.ntv.co.jp/louvre/goods/lineup.html

【音声ガイド】
入り口で500円で絵画についての説明が音声で
聞ける音声ガイドを貸し出ししていました。

《音声ガイド》
http://www.ntv.co.jp/louvre/#/voice

【内容】
かなり大きな絵画が多く迫力がありました。
《バーチャルツアー》
http://www.dai2ntv.jp/player/index.html?item_id=NtvI10001786

以下に個人的に良さそうに思った絵画のいくつかをあげました。
奥行きであったり、光のあたり具合であったり、色使いであったり、きれいでした。

■聖堂の内部
http://photozou.jp/photo/show/174241/20578771

■風景の見える石のアーチの中に置かれた花束
http://www.ntv.co.jp/louvre/description/pict4.html
http://photozou.jp/photo/show/174241/20616196

■クリュセイスを父親のものに返すオデュッセウス
http://www.ntv.co.jp/louvre/description/pict7.html
http://photozou.jp/photo/show/174241/20578915

■ぶどうの籠
http://photozou.jp/photo/show/174241/20578755

《関連サイト》
■ルーブル美術展 17世紀ヨーロッパ絵画
http://www.ntv.co.jp/louvre/

■第2日本テレビ ルーヴル美術館展コーナー一覧
http://www.dai2ntv.jp/special/louvre/

■ルーブル美術館公式サイト(日本語版)
http://www.louvre.fr/llv/commun/home.jsp?bmLocale=ja_JP

【あとがき】
このブログのトップにも、ついに以下の表記と共にスポンサーサイトが表示されました。
「上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。」
更新少なかったと反省しつつ、また少しずつ更新していきたいと思います。

ホームへ戻る
スポンサーサイト
2009.06.07 Sun l 写真・お土産ばなし l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

Re: No title
MITIKOさん
おはようございます☆
ブログに訪問ありがとうございます。
コメントありがとうございました。
正直、並ぶとは思いませんでしたが、
確かに好きな人が多いと驚きます。
MITIKOさんのブログ拝見しておりますが、
作品素敵ですねv-266
2009.06.11 Thu l あなたのCHIーDAY. URL l 編集
No title
 美術館で行列を見ると「こんなにたくさんの方が、アートが好きなんだ・・・」と驚きます。
絵を描く私にとり日本は、非常に活動しにくい国なのです。日本の方は多分。。。。話のねたまたは、名を残した画家を好むのでしょうか。。。
 でも、やはり名を残した絵描きさんの原画は素晴らしいですねー。
2009.06.10 Wed l MITIKO. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiday.blog50.fc2.com/tb.php/42-61c5d14e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。